専門学校へ入ったら

専門学校への入学は比較的易しいと言われています。それは大学入試に比べて学力の面でふるいにかけられることが少ないためです。そのため、入学した人の学力にバラつきが出ることが多くあります。

しかし、入学しやすい反面で授業や実習についていけない場合は容赦なく退学を迫る学校もあります。卒業の条件に資格取得を定めている学校もあり、試験に合格しないと退学させられてしまいます。

実習も多く専門的な知識の勉強も必要なため、専門学校に入ったからといって必ずしもその道に進む人ばかりではなく、途中で辞める人も就職では別の職種を選ぶ人もいます。

しかし、専門学校の中には就職率が非常に高い学校もあるためきちんと卒業できる技術や知識を身につければ自分の目指している仕事に就ける可能性も高くなります。そのため4年制大学を卒業してから専門学校へ入りなおす人もいます。努力は必要ですが、結果が出せれば就職に有利であると言えるでしょう。

短期間で技術も知識も身につけられ、就職の斡旋もしてくれる専門学校は、様々な職業の中から自分が目指したい「コレ!」といった仕事が決まっている人には最短のルートともなります。就職率は学校により様々なため、資料を取り寄せて将来の夢に繋げられる専門学校を探してみましょう。

大学生活との違い

専門学校の生活とはどのようなものか、大学と比べて大変なことなどを紹介します。

まず、専門学校では大学の授業と比べて圧倒的に実習の割合が多くなります。短期間で専門的な知識と技術を教え、就職先ですぐに働けるように実力をつける指導が行われます。そのためコースによってカリキュラムが非常にハードなものもあり、専門学生時代の思い出はほとんど実習と就職活動しかなかったという人もいます。

基本的に平日は朝から夕方まで授業や実習があります。大学と異なる点は、大学では必修科目以外は自分で好きな科目を選択して単位を取りますが、専門学校の多くは必修科目のみで教育課程を組んでいるため自由に授業の選択ができません。服装は大学と同様に自由な学校が多いですが、一部の学校では制服着用が義務付けられているところもあります。

大学では盛んに行われているサークル活動も数が少なく、体育会系のサークルが多いところが特徴です。基本的にサークル活動に割ける時間はほぼ無いと考えていいでしょう。

大学と比べて個人が自由に使える時間は限られてきますが、専門学校の良い点は同じ目標を持つ仲間と本格的な実技を通して自分の実力を付け、就職に活かせる点です。時間的にも体力的にも大変な部分もありますが、やりたいことが決まっている人は専門学校への進学を検討してはいかがでしょうか?

専門学校の生活

高校や大学とは異なり、専門的な勉強を行うところです。しかし実際に大学などとはどのように違うのか、生活は変わるのかという事が気になる事もあると思います。当サイトでは専門学校と大学の違い、入学してからの情報について紹介しています。専門学校の特徴ですがまず、大学とは異なり実習の割合がとても多くなります。大学は通常、4年間かけて勉強を行っていきますが、専門学校はより期間が短くなります。学校やコースによって異なりますが、1年間で修了するところもあれば、2年間、あるいは3年間通う必要ところがある専門学校もあります。また、大学とは異なり必修科目のみ勉強をしていく事になりますので、選択科目がないというのは大きな違いではないでしょうか。

専門学校へ入学するのは大学より比較的簡単な事が多いです。学力が高くなければ入れないという事も少なく、また年齢層にはばらつきがみられます。中学校を卒業してから通うという人もいれば、社会人になって、新しく資格を取りたいという方が入学される事もあります。しかし専門性を高めるという事だけあり、大学へ進学した方より、専門学校を経由した方の方が就職率が高い場合があります。結果を出す事が出来れば、専門学校に通うと早めに希望する職種に就く事ができるというのは大きなメリットと言えるでしょう。当サイトではこれらのような専門学校に関連する情報を紹介しています。より詳しく知りたいという方はぜひ、チェックしてみてはいかがでしょう。